飲食店コンサルタント

俺は30代男性です。
新卒で1年ほど工場勤務、リーマンショック後に飲食店アルバイト2年、その親会社で正社員になりました。
エリアマネージャー、新店舗出店の企画など3年ほど携わりました。

どうして個人事業主になったの?

会社員の時は給料は安すぎることはなかったのですが、忙しい時もそうでない時も、
数ヶ月、休みがほとんど取れない状態が辛くなってきたり、転勤が数カ月おきに発生してしまい地元にいる時間がなくなってきました。
地元密着でスキルを生かし、自分のペースで仕事がしたいと思い、独立を決めました。

仕事はどうやって受注した?

友人より、飲食店の出店案件を紹介されました。

ちなみにそれはどんな仕事?(受託、派遣、報酬、待遇、条件、期間、仕事内容など)

個人・飲食店出店までの企画立案を担当しました。
打ち合わせをしているうちに任せていだだける仕事や、出来そうな仕事が見えてきましたが、
フリーになり初めて受ける仕事でしたので、大体の仕事の範囲だけを決めて、大まかな報酬で当初は契約をしました。
実際は出店店舗探しからお客様と一緒にやっていき、周辺同業者のリサーチ、メニュー考案なども企画しました。
店舗内装は業者にお願いしましたが什器備品の種類・導線はこちらで提案し、現場立ち会いなどの細かいフォローも担当、
出店後は、アルバイト・パートさんの初期教育も追加で少し行いました。
小さい店舗でしたのでトータルで期間は4ヶ月ほど、報酬は50万程度が出店後1ヵ月で支払われました。

仕事のフローを教えて

案件を紹介される→面談3回ほど(受ける仕事の確認・報酬等)→契約→完了

個人事業主になって思うこと

時間が自由に取れることがすごく楽ですが、一つの案件にかける時間は会社員の時よりもうんと多くなっています。
守ってくれるもの(会社)がない怖さがあり、これまで以上に仕事に細やかに気を配り、責任を感じるようになりました。
報酬は遅れて入りますので、月々の生活費との兼ね合いも常に把握しておく必要があり、そこがちょっと大変です。
数字を把握したくて帳簿を自分でつけていますが、負担ですので、もう少し落ち着いてきたら外部に頼もうと思っています。

案件選びのポイント(注意点、重視している点)

むやみやたらに、仕事をくれる所に食い付かないようにしています。報酬と内容が本当に見合っているのか考えて、
自分を安売りしないことを念頭に置いています。
まだ最初の頃は適切な案件がどういったものなのか、自分に自信もないかもしれませんし、まだ見分けがつかず安くても飛びつきたくなりますが
最初に受けた報酬額が、その相手にとっての「基準」になってしまいます。報酬を下げることは簡単ですが、上げることは難しいので、最初が肝心です。

個人事業主になる若者へ

フリーになると、周囲の環境・人脈など全てにおいて、これまで以上に「自分にとって何をもたらすのか」を判断出来ることが重要になってきます。
自分の選択が自分に降りかかってくる環境になりますので、同時に「切り捨てるもの」も見分ける力も大切です。
常に、頭にアンテナを張っておく癖をつけておくと良いです。