個人事業のフリーライト

自分は個人事業のフリーライトで食ってます。

どうして個人事業主になったの?

2009年まで派遣社員だったので、リーマンショックでリストラになったため。

仕事はどうやって受注した?

個人事業主の情報サイトに登録し、気になったところに応募しました。

ちなみにそれはどんな仕事?

テーマを頂いた内容をフリーライトするもので、単価も120円 500文字程度でした。

仕事のフローを教えて

掲載に対して応募し、採用となり、お仕事を頂いて、作成後に納品し、振り込みを待つ流れでした。

個人事業主になって思うこと

技術者ですが、そちらでのしごとは少ないので、正直なところあまり稼ぎにはなっていません。

案件選びのポイント

自負のスキルが活かせるものが一番だと思います。

個人事業主になる若者へ

IT系、アニメ、アプリ系など、クリエイター系のお仕事をされていた方には、本業としてもアリかもしれません。今は、国内の企業に力がないので、他所に出す仕事も減っているのかな?といった気もします。専業フリーランサーも、蓋を開けてみれば実は少なく、本業の傍ら個人事業主で働いている人も多いので、本業とするなら、自分で営業をかけて仕事がとれるぐらいの人でないと正直稼げません。専門分野に長けている方ならば、仕事がとりやすいんじゃないかなと思います。また、前職のコネなどで仕事が取れるクリエイターさんなどは、フリーの方が、活躍の場は広がりやすいかもしれません。個人事業主で働く場合は、いつも以上の積極性が必要だと思います。企業と違うので、価格といった面など全て自負交渉となります。また、確定申告などの面倒な作業も全て自分でやることになるので、日頃から経費の管理やレシートの整理など税務処理も頭に入れておかないとなりません。個人事業主では、自分社長、自分社員、自分経理、自分営業です。自宅オフィスなので、仕事のキリはきちんとつけましょう。
"